みんなが知らない【セルフストレッチ】で肩こりケアをする時の3つのポイント

ご自分でストレッチをされることはありますか?

「肩、凝ったなー」なんていう時、腕を回したり、肩を回したり、きっとなにかされているのではないでしょうか。

ところで、そんな、なにげなくおこなっているプチストレッチで、効果は感じていますか?

もし、効果を感じていないなら、それって勿体ないですよね。

せっかく、運動しているのだから、そのストレッチ、もう少し、効果的にしちゃいませんか?

ストレッチって、コツをつかめば、意外と効果があるものなんですよ。

そのコツをお伝えしますね!ポイントは3つ!!

1、スピードはゆっくりと。

みなさん、動きが早いんです。

非常~に、もったいないです。

 

ゆっくり、ご自分の体を感じながら、驚くほどゆっくりと動かすのがコツなんですよ。

 

ゆ~~~っくり

じ~~~っくり

 

みなさん、ご自分の体を感じることに鈍くなってしまわれているので、もっと、感じてみてください。

体の内側から、感じてみてくださいね。

2、吐きながら伸ばす。休む時に吸う。

ストレッチは呼吸が肝心。

特に、ゆっくりと、吐くことに意識を向けておこなってください。

 

これまたみなさん、吸うことに一生懸命になりがちですね。

でも、一生懸命に空気を吸うと、身体に力が入ってしまうんです。

力が入ると、せっかくストレッチしても、意味がなくなっちゃいます。

 

ゆっくり息を吐いてみてください。

力が抜けるのが分かりませんか?

 

ストレッチをするなら、体をやわらかくほぐしたいです。

だから、吸うのではなくて、吐くことに意識を向けてくださいね。

 

タイミングは、伸ばすときに吐く。休む時に吸う。

3、新しい動きを取り入れない

TVで紹介されたストレッチ、雑誌で紹介されたストレッチ。

「お!良さそう~!」

と思ってやってみる。

けれど・・・

それは、いつまで続きますか?

3日坊主とは良く言ったものだと思いますが、実際、3日も続けば良い方かもしれませんね(^-^;

 

習慣化されていない動きは、忙しい日常に埋没して、続かないものです。

 

続かなければ意味がないので、新しく覚えたストレッチはしないことにしませんか?

昔から、何気なくするその動きを、効果的にしてみてくださいね♪

ストレッチをする意味

「サロンに行くから、ストレッチはしなくていいや~♪」という意見もあるかもしれません。

ありがとうございます!実は、私もそっち派です。だから、無理はしなくていいと思っています。

でも実は、ストレッチにはストレッチの意味があるのです。

ちょこちょこストレッチしておくと、少しでも疲れを減らしておけます。

そうしたら、サロンでお受けいただく施術の効率がよくなるんですよ!

日頃なにもケアをしていないと、体の表面が、めっちゃ硬くなっているのです。そして、硬いままで圧をかけると体にはダメージとなります。

ですから、表面が硬い場合は、その硬さをとり柔らかくするところから施術をスタートすることになります。

で、多くのお客様が、表面の硬さを取るだけで施術時間が終了します。これを毎回繰り返してしまいます。これって、もったいない気がしませんか?

セルフケアで表面の硬さを解消し、できるだけ柔らかく保っておくことで、サロンの施術ではもっと体の奥にアプローチできます。

そうすると、体の巡りが改善して、結果的に、サロンに通うペースが少なくて済むようになりますよ。

無理はしなくていいけれど、ちょっとしたコツを覚えるだけで、効果が全然変わってくるのだから、意識してみる価値ありです!

 

では~

竹村^^

この記事のシェアはこちらから