裸になるのが恥ずかしくて、リンパマッサージを躊躇されている方へ

リンパマッサージに行ってみたいけど、裸になるのが恥ずかしいな…と思っていませんか?それって、とても勿体ないと思うので、今日は、「リンパマッサージ中の裸」について誤解を解いていきたいと思います!

確かに、オイルリンパマッサージは、基本的に、裸でお受けいただくお手入れです。裸と言われると、ドキッとしますよね。

ですが、ご安心ください!

裸という感じはしないものなのです。具体的にどのように施術がおこなわれるのか、みていきましょう!

リンパマッサージ中の恰好

リンパマッサージをお受けいただく際は、お洋服・アクセサリーはすべて外します。そして、紙ショーツのみ着用することが多いです。

紙ショーツだけだと、少し心もとない気持ちがするかもしれないのですが、タオルでしっかりとカバーされますから、パンツ一丁感は感じません。

生理中は、自分のショーツでお受けたり、サロンで用意されている紙ショーツにナプキンをつけたりして受けられます。サロンに相談してみてください。

私はリンパセラピストをしているので、施術者としてお伝えすると、サロンの紙ショーツに着替えてもらう方がしっかり施術できるので、おすすめです。

じゃあ、どうやって施術を進めるの?

さて、施術の時ですが、基本的に全身を大きなタオルでカバーされます。そして、施術する部分のタオルだけ開いて、施術が終わると閉じる…を繰り返しながら施術が進みます。

 

お手入れ中の箇所以外は隠れているため、肌が露出している範囲は意外と狭いです。裸で受けている感覚はないと思います。

裸になるトリートメントを受けるメリット

リンパマッサージは、直接お肌をケアされるので、とっても気持ちが良いです。

それだけではなく、直接マッサージされることで、疲れ具合を正確に把握してもらいながら施術を受けられる利点があります。

さらに、直接オイルを塗布されることで、オイルの成分が体の中に浸透し、薬理効果も享受できるんです。

まとめると、

  • 気持ちが良い
  • ドンピシャの施術が受けられる
  • オイルの効能を得られる

もう、いいことづくめです!

「裸で受けるなんて緊張する」なんて、言っている場合ではありません。

 

いかがでしょうか?

恥ずかしいからといって、これほど良いトリートメントを受ける機会を失うのは、とっても、とっても、勿体ないんです!

この記事をお読みいただいて、少しでもご安心いただければ嬉しく思います。

 

もし、まだ、少し躊躇されているなら、一言だけ言わせてください。

だまされたと思って、一度、オイルリンパマッサージを受けてみてください。どんよりした体が、シャキッと元気になるのを実感できると思います。

この記事のシェアはこちらから