紫外線で目が痛い!頭痛が起こる前に打つべき3つの対策

今日もゆるっと、こんにちは。

竹村です^^

 

もう、このところ、「暑いですねー」としか言葉が出てきません(^-^;

 

暑いというか、苦しい。。

外を歩くときは、日傘が必需品になっている方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めクリームを塗って、日よけの手袋をして、日傘をさすと、だいぶ皮膚で感じる暑さはやわらぎます。

 

しかーし!

目の保護はできていますか?

 

最近、紫外線で目の痛みを感じる方が増えているそうです。

私もなんです!

目の奥が、ジーンと刺激を感じて、頭が痛くなる。

通勤時の紫外線がすごくつらいです。

その後、仕事が待っているから。

 

紫外線で頭痛が起きる原因

皮膚症状が伴うケースは、紫外線アレルギー(光線過敏症)の可能性があるそうです。

では皮膚症状が伴わない場合はというと、なんと、紫外線と頭痛の因果関係は解明されていないようなのです!

びっくり。

関係あるやろー。

専門家の間では、「脳の血管を刺激して頭痛が引き起こされているのではないか」と言われていますが、まだ仮説の段階だそうです。

メガネで紫外線をシャットアウトしよう!

目の紫外線対策方法として、おそらくもっとも有効でしょう。

サングラス。

 

あら、恥ずかしいですか?

黒いサングラスは、怪しいし。

キレイなサングラスだと、セレブの真似事してるみたい。

うん、その気恥ずかしさ、分かる^^

 

実は、サングラスって、黒くないほうがいいんですよ♪

 

黒いレンズだと、瞳孔が開いて、かえって光の刺激を受けやすくなります。

なので、色が薄いものか、あるいは透明のもので、UV加工が施されているサングラスをすると良いんです。

サングラスっていうより、「紫外線カットのメガネ」ですね。

透明の眼鏡でいいなら、気軽ですね!

 

すでに目が痛いときは目薬

うっかり紫外線を受けてしまい、目が痛いときは、UVケア用の目薬があります。

紫外線による炎症や充血を抑えてくれるので、スッとします。

頭痛になる前に、目に一滴。

 

紫外線ダメージ予防に効果的な栄養素

突然ですが、「アスタキサンチン」という成分をご存じですか?

アンチエイジングで一世を風靡した成分です。

この成分、実は、紫外線から体を守ってくれるのです。

肌老化(シミ・シワ)を抑える効果が高いというところに着目されて美容の側面から有名になりましたが、その根拠は、アスタキサンチンが紫外線ダメージに強い成分だというところにあるのです。

美容だけではなく、紫外線による眼精疲労回復効果もある優れものなのです!(富士フィルムが研究していました。)

アスタキサンチンは、鮭に多く含まれる栄養素です。

こんな和食、理想ですね。(海苔と卵もほしい・・・)

 

さて、お盆を過ぎたら、朝晩は過ごしやすくなるのでしょうか??

今年は残暑も暑いという噂ですが。

 

こんな時こそ、

がんばらずに、

ゆる~く、

乗り切っていきましょうね~♪

 

竹村^^

 

ゆる~っと流せば
SO!快ボディ♪
福岡 アロマリンパマッサージサロン coco.a.Loose

この記事のシェアはこちらから