肩こり解消に効果的な「上手におっぱいを揉む方法」を伝授しようと思う

肩こりというと、肩から背中にかけての凝りをイメージするのではないかと思います。

でも、よく考えてみたら、それって、後ろ半分ですよね。前半分って、どうですか?

そうなんです!

胸の筋肉と肩の筋肉はつながっています。しかも、めちゃ近いですよね。

関係がないワケがない。

たけむら

こんにちは!たけむらです。

ということで、今日は、肩こりとおっぱいの関係をお伝えしようと思います。

肩こりとおっぱいが関係ある理由

それでは、まずは、肩こりにおっぱいが影響する理由を検証したいと思います。

理由その1、ブラジャーラインが凝りやすい

ブラジャーのラインに老廃物が溜まっている女性は、かなり多いです。

ちょうどバストラインの背中寄りの脇の部分。

ここをマッサージされたときに、ゴリゴリと音がしたり、痛みのような刺激を感じたりすることはありませんか?

それは、いわゆる「凝り」の状態です。

この部分は、脂肪や老廃物が溜まりやすい。そして、放置しているとセルライトになります。

おっぱいの筋肉の凝りが、ここに脂肪と老廃物を溜めてしまうのです。

理由その2、おっぱいの重さが肩に負担

おっぱいが大きい人は、おっぱいが小さい人より、肩こりになりやすい。

これは、事実。(ちょっぴり、羨ましい・・・by ペチャパイたけむら心の声)

そして、おっぱいが大きいと背中も痛くなりやすい。(もう、ほとんどペチャパイの遠吠え・・・許して・・・by ペチャパイたけむら)

だけど、これは、ほんとの話。

おっぱいを支えるためには、肩、背中の筋肉を使うので、大きい=重量があるとその分負荷がかかるのです。おっぱいって意外と重量があります。

なので、ふざけた話のように思われるかもですが、おっぱいの大きさと肩こりは、おおいに関係があるのです。

おっぱいからくる肩こり対策方法

では、おっぱいからくる肩こり対策方法をお伝えします。

その対策方法は以下2つ。

  1. 下着
  2. おっぱいモミモミ

2つ目は「ふざけてんのか!?」と思われそうですが、いたって真面目な話でございます。

育乳にもなりますので、ぜひ読み進めてくださいませ。

下着を見直そう!

サイズが合わない下着を身に着けていると、血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

ブラジャーラインに凝りが出やすいというのは、ブラジャーがギュッと締め付け、血行が悪くなっているのも一因です。

それから、呼吸への影響も見落とせません。

ブラの位置って、ちょうど、肋骨や肺など、呼吸に絡む箇所なんですね。胴体を締め付けている状態では、呼吸の際に、肋骨が十分に膨らめません。

そうすると、胸で呼吸できずに、いわゆる「肩で息をする」状態になります。

この呼吸状態は、肩こりを誘発するのです。

ブラのサイズは、大切です。

上手なおっぱいの揉み方

次に、気になる「おっぱいモミモミ」です。おっぱいマッサージは、本当に、肩こり解消に有効なんです。

ぜひ、セルフケアに取り入れてみてください。

  1. ケアするおっぱいの逆の手をブラの中に突っ込みましょう。
  2. 人差し指・中指・薬指の3指で小さく円を描くようにマッサージします。下乳から脇に向かって、おっぱいの側面マッサージしながらなぞっていきます。
  3. 次に、下乳を支えるように軽く持ち上げ、指を軽く揺らします。おっぱいが全体的に小刻みに揺れたら成功です。

このケアをおこなうと、おっぱい周りの筋肉が柔らかくなります。凝って硬いと垂れるので、バストアップにもなります。

力を入れたり、揺らし過ぎると、おっぱいを支える筋肉がダメージを受けて、垂れる原因になるので、やさしく触ってください。

大好きな男性にしてもらうのがもっとも効果的ですよ。

肩こり解消には背中と同じくらいおっぱいも大事

肩こりに悩む女性はとても多いです。ですが、そのほとんどは、背面を気にしています。

おっぱいの影響があることを知っておくと、下着の選び方も変わってきますよね。ぜひ、体液の巡りを邪魔せずに、しっかりおっぱいを支えてくれる下着を選んでください。

また、今回は、おっぱいのほぐし方をお伝えしましたが、もし手が届くようなら、そのまま体側もほぐしてあげると、とても気持ちが良いと思います。

美乳をキープしつつ、肩こり解消にもつなげてください!

この記事のシェアはこちらから