生理の不調を楽にしたい!生理にまつわる3大不調の原因と対処法

女性の多くがひそかに悩んでいる、生理にまつわる症状。

「生理痛」「PMS(月経前症候群)」「生理不順」が代表的な悩みではないかと思います。

「体質だから」と諦めてしまっていませんか?

生理の不調、その原因の多くは「冷え」と「巡り」

生理の不快な症状は、「冷え」「巡りの悪さ」が原因となっているケースがとても多いです。

生理でツラい期間は、人にもよりますが、およそ10日間ほど。

ということは、月の1/3なんですよね。

諦めてしまっては、もったいない期間だと思います。

冷えと巡りを良くして、生理のツラさを軽減すれば、楽しい時間がグンと増えます。

ということで、その対処方法案をいくつかご紹介したいのですが、その前に、少し説明をさせていただきますね。ご存じかとは思いますが、一応。

PMS(月経前症候群)とは

生理前に不快な症状が出て、日常生活に支障をきたすような場合をPMS(月経前症候群)と言います。

生理前に増加する「プロゲステロン」の働きによるもので、病気ではありませんが、日常生活にまで影響するため、とてもツラいです。

ちなみに、更年期症状とは別物です。

PMSの症状は、「胸が張る」、「肌荒れ」、「だるくなり気力がなくなる」、「むくみが強くなる」、「イライラする」、「感情的になる」、「気分が落ち込む」など、さまざまです。

生理不順はどの程度のことをいうの?

生理不順は、正常な月経周期の目安とは違うペースで生理がくることをいいます。

女性の多くが「私、生理不順なんです」と言うのですが、そうではありません。

25日~38日ペースなら、正常なペースです。

今月は25日できたけど、その前は38日だったという場合、10日以上もズレがあるので、生理不順なのかなと思うのですが、気にする必要はありません。(10日もズレると予定が狂ってイヤなんですけどね。)

また、「だいたい40日周期なのよね・・・」という場合も、特に不順ということでもないです。(これ、きついですけどね。)

女性の体は、機械ではありませんから、そのくらい不安定なことは、むしろ自然なことです。

あまり神経質になると逆にツラいので、おおらかにいきましょう♪

とはいえ、キツイものはキツイです。

25日でスッとくる時と、40日空いてしまう時では、明らかに、40日空くとキツイ。

正常か異常かなんてどうでもよくて、体感としてツラいのです!!

なので、そのツラさを軽減する方法を検証してみましょう!

生理のツラさを軽減するセルフケア

生理の不調は、「冷え」と「巡り」がポイントでしたね。

そこで、生理の不調を楽々乗り切るセルフケアをご紹介します。

まずは、リンパケア方法を2つご紹介します。

目的は、巡りを良くして冷えない体を維持したい!!です。^^

くるぶしのマッサージ

  • 「くるぶし」の周囲を、中指で、クルクルさする。
  • 「かかと」を、親指を使って、刺激する。

かかとは女性機能を高めるポイントが集中しています。

入浴中におこなうと、角質やわらかくなっているので、刺激しやすいと思います。

ふくらはぎのマッサージ

  • 足首から膝裏まで、さすり上げる。
  • ふくらはぎの外側と内側を同時にさすり上げる。

ふくらはぎは、血液・リンパ液の巡りにとても重要な箇所です。

常に、ふくらはぎの状態は柔らかく保つよう心がけると良いですね。

 

それでは、次に、小道具を2つご紹介します!

腹巻

お腹を温めるのも良い対策ですが、実は、腰を温めるのも有効です。

ということで、お腹と腰の両方の冷え予防になる腹巻はすごくおすすめです!

コルセットは、激しい腰痛時以外、ダメですよ。筋肉を弱らせて、逆に冷えの原因になります。

アロマ

あ、出た!アロマ!!と思われてしまったかもしれませんが、これは個人的にゴリ押しおすすめです!

私:竹村の個人的な体験ですが、20代の頃、生理周期が45日くらいで、遅いペースだったんです。(きちんとくるので、不順ではないんですよ。)

排卵から生理のスタートまでが長かったようで、生理前のツラさが半端なく、八つ当たりの人生でした。

そんな時に出会ったアロマ。

それは、ゼラニウムでした。

ゼラニウムをオイルに混ぜて脚と手に塗っていたんです。

すると、なんと、28~35日周期という、とっても標準的なペースになり、生理前のツラい症状がほとんど出なくなりました。

一般的には、クラリセージも生理の不調には良いと言われています。

個人差がありますので、もし、香りがお好きでしたら、ご自分に合う精油を探してみてはいかがでしょうか?

肩こりさんに多い生理不順

実は、生理不順は、肩こりさんに多いです。

その理由は、代謝力にあります。

生理は、単に血が落ちているのではなくて、内膜が一緒に剥がれ落ちます。

生理は、代謝活動の一種なのです。

肩こりがあるということは、身体の代謝が低下している可能性が高いです。

そのため、肩こりがひどい女性は、生理不順に陥る方が多いのです。

リンパマッサージは生理の不調軽減に効果があるのか?

プロセラピストのリンパマッサージは、単にリンパのケアだけではなくて、こわばった筋肉を柔らかくして、血の道を整えていく技術です。

そのため、「冷え」「巡り」の改善にはとても有効。生理の不調軽減が期待できるのです!

私はリンパセラピストとしてお客様の施術をおこなうことがあります。お客様から「いつも生理前は前兆があるのに、前回の施術後は、何の前触れもなく生理が来て楽でした」「最近、生理痛がなくなって楽になったんです!」といったお声をよくいただきます。

日常のセルフケアとあわせてサロンのケアを取り入れることで、生理のツラい症状が早く楽になるケースは多々あります。

それから、サロンに予約した日が生理に重なった!というときでも、一般的なリンパマッサージは受けて大丈夫です。

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。↓

(関連記事:生理中です。リンパマッサージを受けてもいいですか?

 

生理の不調を軽減するためにできることはあります!諦めずに、元気な毎日を取り戻してくださいね。

 

この記事のシェアはこちらから