乱れがちな自律神経を整える7つの方法

こんな症状はありませんか?

  • 倦怠感
  • 朝起きるのがつらい
  • 食欲不振
  • めまい
  • 偏頭痛
  • 立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 手足の冷え
  • 動悸
  • 筋肉痛
  • 肩こり
  • 月経前の不調

これらは、自律神経が乱れている時に起こりがちな症状なんです。

ストレス社会といわれる現代の大人女性には、「自律神経」と聞くと、ドキッとするという方も多いんですよね。

今日は、自律神経の乱れを整える方法について、私の体験談もあわせてお伝えしたいと思います!

自律神経とは

まず、自律神経についてです。

おそらくご存じだろうと思いますが、念のため、おさらいです。

自律神経は、自分の意志ではコントロールができない神経機能のことです。

分かりやすいところでいくと、内臓の働きは自律神経によって機能しています。

たとえば、自分の意志で胃の消化を一時間ストップするなんてコントロールはできないですよね。

このような働きを自律神経がおこなっています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があります。

シーソーのように、どちらかが優位になるのが、正常な状態です。

「交感神経」は活動の神経、「副交感神経」は休息の神経です。

日中は「交感神経」が優位になって、夜になると「副交感神経」が優位になる。

しかし、このシーソーが上手くできない場合、わたしたちの体は様々な症状に悩まされることになります。

シーソーが上手くできないというのは、イメージとしては、シーソーに乗っているどちらか片方の重量が重たくてシーソーにならない状態だったり、シーソーがさびて動かなかったりといった状態です。

このような状態を、「自律神経が乱れている」と表現されます。

悪化すると、自律神経失調症やうつ、メニエール病などの病気につながるリスクが高いのです。

※私は、メニエール病の経験があります。

自律神経が乱れると出る症状

自律神経が乱れたときの症状については冒頭でも少し記載しましたが、他にも様々な症状が起こります。

  • 倦怠感
  • 寝つきが悪い
  • 朝起きるのがつらい
  • 食欲不振
  • めまい
  • 偏頭痛
  • 立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 目の疲れ
  • 手足のしびれ
  • 手足の冷え
  • 息切れ
  • 動悸
  • 筋肉痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 月経前の不調、月経痛

など。

どれも、ツラい症状ですよね。

自律神経が乱れる原因

生活習慣

夜型の生活や生活のリズムが乱れるなど

ストレス

仕事や人間関係のストレスがたまり、うまく処理できないと自律神経が乱れる原因になります。

職場環境

仕事をしている時間は一日の中でも長い時間を占めていますよね。そのため、職場環境は自律神経に大きな影響があります。

とはいえ、職場環境は、自分の都合で変えられないことが多いのでは。職場に関しては割り切って、オン・オフの切り替えをスムーズにすることで乗り切っていきたいところです。

ホルモンバランス

更年期を迎えると特に自律神経が乱れやすくなります。

自律神経を整える7つの方法

睡眠時間を調整

早寝早起、大事!!自律神経を不調にする最も大きな原因が、就寝時間です。気を付けましょう!

といっても、「寝たいのに眠れなくて苦しいんだよ・・・」あるいは「夜10時には寝てるのに不調なんだよ・・・」という声も聞こえてきそうなので、他の方法もご紹介していきますね。

リラックスする時間を持つ

ずっと緊張状態だとシーソーの片側が異常に重たい状態となり、副交感神経に移行できなくなります。

リラックスできる時間を意識して確保してみてください。

自力で難しい場合は、サロンを活用してくださいね。

病院での自律神経訓練(実体験談)

これは、私自身の体験談です。

昔、総合病院で治療を受けていた時(メニエール病)、完治しないタイプの疾患だと判定されて促されたのが、自律神経の訓練でした。

明らかに自律神経の調整がうまくできてなかったので、「訓練して鍛えよう~」ってことになって、病院内の無料訓練に入りました。

この自律神経訓練法は、ドイツで開発された訓練法らしく、ちゃんとした理論に基づいていて、結果も出ているみたいなんです。

訓練方法は、目を閉じて、「右手が温かい」→「左手が温かい」→「両手が暖かい」からはじまり、次に「腕が重たい」・・・と、つまり、自己暗示にかける訓練でした。

こう書くと、とてもあやしく思われるかもしれませんね。

ですが、決して、あやしくありません。

かなり大きな総合病院でやってる訓練です。

でも、冬で寒いわけですよ(苦笑)手には何も持ってないんで、軽いわけですよ(苦笑)

私の感想としては、こういう自己暗示系の訓練を素直に継続できるタイプの人は、自律神経系に不調かかえないと思う・・・。

続けたら何らかの効果が出たのかもしれないけど、、、正直、気持ちが受け付けず、2回頑張って受けてみましたが、諦めました。

じゃあその後、どうやって治ったかは、この後ご紹介しますね!

と、その前に、栄養も大事だよ~という話をはさみます。

栄養

自律神経を整えるとき、栄養はとっても大切です。

特に、ビタミンを積極的にいただく!

これがポイントになります。

ビタミンB群、C、A、E。

ビタミンB群は、ストレスを感じるとものすごい勢いで消費されるんです。

ビタミンB群が減ると、神経が乱れやすくなるので、ストレスを感じたら、意識的にいただきましょう。

豚肉やナッツ類に豊富に含まれています。

(ちなみに、サロンで使用しているオイルも、ビタミンB群が豊富に含まれています。)

ビタミンCは、ストレスへの抵抗力を高めるホルモンを作るために必要な栄養です。

つまり、ビタミンCが不足していると、ストレスに対抗できず、負けてしまう・・・。

みかん、いちごなど、酸っぱい果物に多く含まれていますね。

ビタミンAとEは、自律神経を整えてくれる効果があると言われています。

ビタミンAはニンジンやパセリなどの野菜に多く含まれています。

ビタミンEは落花生(ピーナッツ)やアボカドに多く含まれています。

ざっくりしたイメージで、豚肉、ナッツ類、野菜が自律神経の乱れ予防に効果的と覚えておくといいかなと思います。

耳たぶマッサージ

自分でケアできる簡単な方法としておすすめなのが、「耳たぶマッサージ」です。

耳には神経がたくさん集まっていることと、耳のすぐそばに大きなリンパ節があるからなんです。

ツボの位置など気にしなくていいので、気持ちがいい程度に耳たぶを全体的にモミモミ。

寝る前など、毎日の習慣にされてみてはいかがでしょうか?^^

アロマ

交感神経、副交感神経の切り替えを最もしやすくすると言われているのが、香りです。

嗅覚は、神経の複雑なシステムを介さず、ダイレクトに脳を左右するのです。

例えるならば、受付や社員を通さずいきなり社長に商談を持ち掛けるようなもの。結果が早いのです。

効果効能は考えなくていいので、お気に入りの香りを部屋に香らせてみてください。

私は、セルフケアの中では、アロマが最も効果を感じました。

アロマリンパマッサージ

私自身が自律神経を整えられたのは、サロンで受けたアロマリンパマッサージのおかげでした。

体の浮遊感・爽快感など、部屋を良い香りにするだけでは得られない肉体的な効果は、地道なセルフケアとは違い、快適な身体への近道でした。

私は病気を発症してから対処してしまい、セルフケアで改善するのは難しかったです。

 

こうならないためにも、不調に気がついたら、なるべく早めに対処されてくださいね。

その際、この記事が参考になれば嬉しく思います。

もし、もうセルフケアでどうにかなる域を超えてしまっていたら、サロンにお越しください。私の実体験を元に構築した丁寧なケアをご提供しています。

 

酸素で肩こりデトックス
福岡博多のリンパマッサージサロン
ココアルース 竹村