あなたの肩甲骨は、さびついてませんか?

肩甲骨は、背骨を挟み左右にある天使の羽のような骨のことです。

この肩甲骨、ほとんどの方が名前も存在も認識されているのですが、構造が少し珍しいことはご存知でしょうか?

どんな構造が珍しいのかというと、「腕上部の骨」と「鎖骨」の二つの骨とつながっているだけっていうところなのです。

これって、どういうことかというと、肩甲骨って、上だけ固定されているんです。

ぶらーんと垂れ下がっているイメージ。

肋骨や背骨の胴体をがっしりと固めている体の中心につながっていなくて、ある意味、浮いている骨なのです。

この構造によって、肩甲骨は自由に動き、腕が大きく動かせる仕組みになっています。

現代人に多いさびつき肩甲骨

肩甲骨は本来、自由度が高い骨。

ところが・・・です!!

肩や背中が凝ると、肩甲骨周りの筋肉が固まるんですね。

周りの筋肉が固まると、せっかく自由度の高い肩甲骨なのに、自由に動かすことができなくなります。

すると、腕が上がりづらくなったり、肩が凝って重たいと感じたり、背中が凝って痛いと感じるようになるんです。

浮いた骨の意味がないー。

このように動きが鈍くなった状態の肩甲骨を「さびつき肩甲骨」と表現したりします。

【さび】というのは、比喩的表現ですが、よくいい得てるなぁと思います。

自転車のチェーンがさびてギーギー鳴る、あのイメージ。(私が作った表現ではなく、大手企業が発祥の言葉みたいです。)

肩甲骨さびつき度チェック

それでは、あなたの肩甲骨のさびつき度をチェックしてみましょう。

□肩が長年凝っている
□背中が凝って痛い
□腕を回すとギシギシと鳴る
□腕があがりづらい
□猫背
□上半身が太って見える
□胸をはるとつっぱった感覚がある
□頭がぼーっとする
□口角が下がっている
□肌が乾燥している

これ、すべて、さびつき肩甲骨の可能性がある状況です。

3つ以上チェックがついたあなたは、結構、サビが進んでいるかも!?

メンテナンス方法

肩甲骨のサビ化が進んでいるかもしれないあなたには、肩甲骨をゆっくりと大きく動かすような運動(ヨガなど)を積極的におこなうことをおすすめします。

軽いものなら、ウォーキングもO.K.

大股で大きく腕を振りながら歩くだけでも楽になります。

ひじを90度に曲げて肘からひく意識で腕を振るとよいそうです。

肩甲骨の動きを意識して行ってくださいね。

 

それから、サビには、オイルですよ~^^

自転車にもオイルさしますよね。

オイルは、ミネラルオイルではなく、必ず植物オイルを使われてください。

 

当店のオイルリンパマッサージでは、ハイクオリティーの植物オイルをお体に浸透させながら、肩甲骨の周りのさびつきを磨き落としていきます。ギシギシ鳴る肩甲骨に気が付いたら、早速、お手入れをはじめてみませんか?^^

 

肩こり緩めば
気持ちが弾む♪
福岡 博多のオイルマッサージ 竹村

 

この記事のシェアはこちらから