肩こりが危険な本当の理由

  • 最近、風邪をひきやすい。
  • いままでかからなかったのに、今年インフルエンザにかかってしまった。
  • 冷えが気になり温活してるがいまひとつ効果がない。
  • なんともいえない不調、だるさ、やる気のなさをどうしたらいいかわからず困り果てている。

こんな不調に悩んでいるなら、肩こりによる免疫力低下が原因かもしれません。

肩こりは、免疫力を下げる

肩こりって、免疫力を下げるんです。

もしかしたら、「肩こり」と「免疫力」の関連性がピンとこないかもしれませんね。

実は、肩こりは、免疫力を下げる原因になるのです。

 

まずは、肩こりがどんな時に起こるかイメージしてみてください。

ストレスや飲酒、睡眠不足、運動不足など様々な事情が重なり、血行が悪くなると、肩こりが起こります。

これは、あなた自身の経験として容易に想像できるのではないでしょうか?

 

では、肩こりの先って、イメージしたこと、ありますか?

肩こりの先はこうです。

肩が凝る

首から頭にかけて酸欠状態になる

自律神経が乱れる

免疫細胞が作られづらくなる

免疫力低下

肩こりが起きると、こういうことが起こっているのですね。

これ、怖くないですか?

免疫力低下のリスク

免疫力が低下してる状態だと、体はなかなか調子よくなってくれないんです。

  • 風邪をひきやすく、治りにくい。
  • 怪我も治りにくい。
  • 病気になりやすい。
  • 更年期症状も強くなりやすい。

今まで大丈夫だったのに、今年インフルエンザにかかった!なんてことにもなります。

体がダメージを受けやすいこんな状態だと、やる気の低下にもつながり、いつもいつもなんか怠い困ったちゃんになりがちです。

こんな時に一生懸命温活したり、リンパドレナージしても、なかなか効果がでません。

免疫力が低下すると、かなりリスクが高いのですね。

肩こりが免疫力の低下につながるのですから、肩こりがあるときは、肩こり解消が、まずは必要なんです。

肩こりの本当の危険は免疫力低下

ご存知だとは思いますが、免疫力は、私たちに備わった生命にとても大切な機能です。

免疫力が健康を維持してくれています。

そして、その大切な免疫力を低下させる要因のひとつに「肩こり」があることをぜひ知っておいてください。

肩こりは、それ自体がツラいので、「肩こりをなんとかしたい」「あー肩こりがツラい」って肩凝りばかり注目しがちですよね。

それはそれで、もちろんいいのですよ。

でも、せっかく肩こりを自覚しているのであれば、免疫力を上げるという意味でも、肩こりは都度解消しておきたいものです。

いや、もしろ、免疫力を上げるためという目的の方が、ずっとずっと大切なのです。

肩こりを溜めずに免疫力をあげる方法

サロンでのお手入れはされていると思うのですが、月に一度くらいしか受けられないというのが現状だったりするのではないでしょうか?

それだと、ハードなお仕事に対して、ケアがなかなか追いつかないってこともあるかもしれません。今の時代のお仕事って、ハードですよね。

そんな時は、ご自宅で呼吸を意識したストレッチをしてみてください。

動きはなんでもいいんです。

肩や肩甲骨をゆっくり動かしながら、呼吸をしっかりする。

ムリしない程度に、ゆる~く、免疫力あげていきましょう~。

 

肩こり緩めば
気持ちが弾む♪
福岡 博多のオイルマッサージ 竹村

 

この記事のシェアはこちらから