脚がパンパンでつらいデスクワーカーさんの「むくみ」5つの予防方法案

パンパンで、だるくて、足が重たーーーい!!!

これからの季節、そんなツラいむくみ脚が多発します。

立ち仕事で脚がパンパンになるイメージがあると思いますが、実は、座り仕事が続いても、むくみが強く出ることも多いんですよ。

 

 

今日もゆるっと、こんにちは^^

福岡・博多のオイルリンパマッサージサロン
ココアルースの竹村です。

 

 

デスクワークをしていると、腕や肩や目と同時に、脚にも疲れが溜まるってご存知でしたか?

思い出してみてください。

午後3時を過ぎた頃、脚がたまらなく怠いことはありませんか?

椅子に正座して仕事したくなりませんか?

それは、脚に疲れが溜まっているからなんですよ。

 

座り仕事で脚がむくむ理由

デスクワーカーさんの脚の疲れって、どうして起こるのでしょうか。

座りっぱなしで、脚は使ってないのに、ですね。

 

それは、動きが制限されて、血液やリンパ液などの巡りが悪くなることが原因なんです。

巡りが悪くなることで、水分が細胞の隙間に滞留してしまう。

これが、脚の疲れ症状「むくみ」となります。

 

血液やリンパ液は、筋肉の運動によって巡っているんですね。

デスクワークで、長時間同じ姿勢を続けることで、筋肉運動が促されず、結果、循環が悪くなります。

年を重ねると、筋力が自然と低下してくるため、さらにむくみが強く現れるようになってしまうのです。

 

 

座り仕事のむくみ対処法法案

ということで、デスクワークのむくみを予防する方法案を5つ挙げてみますね。

 

1、2時間に一回は動く

仕事中でも、2時間に一度は立って動くようにしましょう。座りっぱなしがとにかく悪いんです。

 

2、椅子に正座する

時々、椅子に正座してしまいましょう。周りの同僚に一声かけた方がいいかとは思いますが、恥ずかしいとか言ってる場合じゃないんです。詳しくは後述の「座り仕事について考える」のセクションをご参照ください。

 

3、お風呂に入る

シャワーですませることも多いかもしれないですが、なるべく入浴したいです。

これから、外気と室温の差が大きくなる季節は特に、体の循環が悪くなりやすいです。

内側から温めることで体のバランスをリセットすると、循環が良くなります。

温まることで、凝り固まっていた筋肉も柔らかくなり、可動域といって、大きく動けるようになります。

同じ動きでも、より効率的に筋肉運動を促せるため、血液やリンパ液の巡りも促せます。

 

4、飲み物を白湯にする

白湯を飲むと、デトックス力が高まります。

緑茶や紅茶は嗜好品として楽しむ程度にして、水分は白湯で補うとむくみがかなり軽減します。

 

5、むくみに効果的なオイルを塗る

手に入りやすいものでいくと、アルニカオイルはだるさが軽くなります。

もっとおすすめなのは、効果的だけど取扱店でなければ購入できない専門のオイル=O2KRAFT。

当店で取り扱いがあります。

当店で取り扱いがあるから紹介しているのではなくて、私が使ってみて驚くほど効果があったから、サロンでも取り入れたのです。

(ちなみに、専門書籍で優良取扱店として当店が紹介されています^^)

ほんとは禁止されてるけど、悲しいことに、ネットでも出回ってます。心無い取扱店が本物を流出させているケースと、まがい物があるようですので、まがい物には注意してください。

オイルは、シップ剤などとは違い薬剤ではありませんので、副作用もなく安心です。

 

座り仕事について考える

それと、当たり前なので上記5項目に入れませんでしたが、

運動は必須です。

 

座り仕事って、タバコを吸うのと同じくらい体に悪いのだそうですよ。

ショックですよね・・・。

ある研究によると1日に6時間座る生活を続けている人は1日に3時間しか座らない人に比べ15年以内に死ぬ確率が40%増えるのだそうです。

大腸がん、乳がん、肺がんなどのリスク上昇との関連も示唆されています。

(村山通秋医師のコラム記事を引用)

 

406万8437人を対象に、がんとセデンタリーの関係を調べた研究がある。それによると、セデンタリーが1日2時間増えるごとに結腸がんの発症リスクが8%ずつ、肺がんの発症リスクが6%ずつ高くなる。定期的に運動している人でもセデンタリーの時間が長いと悪影響が出ることもわかった(J Natl Cancer Inst.2014 Jun 16;106(7),pii:dju098)(日経グッデイより引用)

※上記引用内にある「セデンタリー」というのは「座りっぱなし」のことです。

 

ベンチャー企業や起業家の間では「立って仕事をする机」が流行っていたりしますが、一般的にはパソコン仕事は座ってすることが多いかと思います。

これがすごく、身体に悪いのです。

職場のデスクを変更することって、自分の意思ではなかなか難しいと思うので、与えられた環境でできることを少しでもしてみるといいですよね。

「椅子の上で正座」というのは、良い方法なのだそうですよ。

大きな腿の筋肉のストレッチになるため、実は理にかなっているそうです。

 

デスクワークって、楽な仕事に見えがちですが、実は健康リスクが高い職業なのだということを理解した上で、自分のことは、自分で守ってほしいなぁなんて思います。

 

 

 

そうはいっても、まとまった運動はなかなか・・・・・・

というのも分かるんです。

 

忙しいですもんね。

 

そんなあなたのために、

私はサロンで酸素を取り入れたオイルリンパマッサージをおこなっています。

 

 

なかなか運動できなくて座りっぱなしだと、体に酸素が不足するんです。

だから、直接酸素を取り入れながら行うオイルマッサージをおすすめしています。

 

 

この度、メニューをリニューアルし、酸素を全身に取り入れるトリートメントにしました。

アロママッサージは酸素を使わず、脳疲労からのアプローチになります。

どちらが合うかは人によると思いますが、酸素を体に補給することってめちゃくちゃ大事なことなので、【濃密酸素パワーデトックス】がおすすめです。

(現在、次回予約特典で通ってくださっているお客様は、今のコースを継続していただけます。新しいコースに移行も可能です。ご希望の際はお声をおかけください^^)

 

 

疲れが溜まってツラいなら、ぜひ一度サロンにお越しください^^

「なんだ、こんなに楽になるなら、もっと早く来ればよかった・・・」

施術後に、こんな風につぶやかれるお客様が沢山おられます。

思い切ってお越しになられると、世界が変わるかもしれません。

 

この記事のシェアはこちらから