あなたもきっと間違えている!?肩こりが楽になる呼吸法

普段、あまり意識することがない「呼吸」ですが、実は、体に大きな影響力をもっています。

ダイエットでも、呼吸法を使うノウハウがたくさんありますよね。

ですが、これらの呼吸法は、少し複雑で、思い出したときにその場で行うことが難しいものが多いです。

そのため、本を読んでも、数日したら忘れる・・・ということになりがち。

そこで、今日は、難しい呼吸法のノウハウではなくて、とてもシンプルな呼吸法をお伝えします。

 

たけむら

今日もゆるっと、こんにちは。竹村です^^

呼吸にはコツがあって、このコツを知るだけで、体はとても楽になるんですよ。

 

みんなが間違えてる呼吸

突然ですが、深呼吸をしてみてください。

 

 

 

 

はい、ありがとうございます!

今、吸って⇒吐きました?

よね?^^

 

この呼吸、順番を変えるだけで、体が変わります!

呼吸の順番は、「吐いて⇒吸う」が、正解です。

 

正しい呼吸の順番

呼吸というのは

呼・・吐く

吸・・吸う

と書きます。

 

若干、金八先生風になったので、別の説明をします。

 

私たちは、生まれた瞬間、オギャーっと泣いて空気を吐きだしてから、はじめてこの世界の空気を吸います。

そう、呼吸は、吐くのが先なのです。

 

最初に、深呼吸をしてくださいとお願いしたとき、たぶん、吸って吐いたと思うんです。

今まで、沢山の方に、同じように深呼吸してもらいましたが、今まで全員、吸って吐きました(笑)

逆なんですね。

 

呼吸の影響を体感してください

ここで、呼吸がどのように体に影響があるのか、実験してみたいと思います。

 

思いっきり、息を吸ってください。

 

体はどんな反応をしましたか?

体の状態を把握したら、呼吸を戻してください。

 

どうでしたか?

肩に力が入りませんでしたか?

肩が上がったかもしれませんね。

 

意識して息を吸おうとすると、上半身の筋肉は硬くなり、かえって呼吸が浅くなります。

これでは、細胞が酸欠になるんですよ。

 

では次は、

思いっきり、息を吐いてください。

 

大きなため息でもいいですよ。

 

体はどんな反応をしていますか?

感じたら、呼吸を戻してください。

 

さて、どうでしょうか?

今度は、肩や背中の力が抜けませんでしたか?

 

そうなんです!

息を吐くと、身体の力が抜けるんです。

疲れた時につく「ため息」って、理にかなっているんですよ。

 

意識しなくても、空気を吸うことはできます。

息は「吐く」方に意識を向けてみてください。

腹からしっかり吐き切れば、反動で、新鮮な空気をたっぷり吸えます。

 

呼吸法

吐くことが先、という意味はお分かりいただけたと思います。

これを踏まえて、呼吸法です。

 

大きく吐いて、吐く息がなくなったら、反動で吸う。

 

です。

 

え?それだけ??と思うかもしれませんが、3回程やってみてください。

 

たったこれだけですが、血行が良くなってポカポカになってくるのを感じませんか?

 

毎日続けると、体の力が抜けやすくなり、酸素に満たされて細胞が生き返り、疲れもコリも楽になってきます。

 

 

呼吸は、いつも、必ずしています。

でも、上手にできている人が、少ないんです。

これって、とっても、もったいない。

 

時間もお金もかからないので、意識をちょこっと変えてみませんか?

 

呼吸は、吐くからはじめよう!

 

竹村

 

ゆる~っと流せば
SO!快ボディ♪
福岡 アロマリンパマッサージサロン coco.a.Loose