肩こりが軽くなるウォーキング方法

ちゃんと、運動、されていますか?

んんっ、ドキッとしちゃいました?

そういう、私も、自分で「ううっ!」ってなってますけどね(^^;

 

今日もゆるっと、こんにちは^^

福岡・博多のオイルリンパマッサージサロン

肩こり・首こり・背中凝り解消♪肩甲骨デトックスセラピストの竹村です。

 

「運動しなきゃとは思うけど、なかなか・・・ね・・・」

というあなたには、ウォーキングをおすすめしますよ~^^

 

ウォーキングをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 身体に負荷が少ない
  2. 足裏の刺激で脳が活性化する
  3. 肩こりに効果的な有酸素運動である

 

ウォーキングは、メリットがいっぱいなのですが、簡単だからこそ、なんとなくダラダラしてしまいがち。

せっかく歩いてるのに、そうなると勿体ないので・・・

 

肩こり解消の観点から、ウォーキングで意識したい身体の使い方をお伝えしちゃいます♪

靴だけちょっといいものを用意して、はじめてみませんか?

 

1、股関節

歩くたびに、ギシギシ鳴ってる股関節。

これは、気になりますね。

まずは、歩く前に、よくストレッチをしてください。

股関節を充分に伸ばしましょう~。

歩いている時も、股関節の動きを意識しながら、大股で歩いてみてくださいね。

股関節には、下半身の大きなリンパ節があります。

ここは、スムーズな動きを目指したいですね^^

2、お尻

股関節と連動している箇所ですが、お尻はデスクワーカーさんが疲れる箇所です。

お尻が動くように歩くと、お尻のマッサージ効果も狙えて、気持ちよいのです~(*^。^*)

お尻もまた、大股で歩くと良いです。

さらに、階段の上り下りをプラスすることで、お尻の動きをより感じられると思います。

歩道橋がある場所は、積極的に歩道橋を利用してみませんか。

もちろん、ムリは禁物。

足腰に自信がない場合は、一か所から♪

無理はしないでくださいね。慣れてくると、もっと歩道橋を使いたくなりますよ~^^

3、腕

腕は、肩と直接つながっているので、意識して動かしましょう~

ひじを90度に曲げて、ひじから振るイメージです。

脇は軽くしめます。

肩の力を抜きましょう。

肩が上がっていませんか?一度、息を吐きましょうか~^^

肩甲骨を寄せるように、腕を振って歩いてみてください。

 

全身のリンパは、ふくらはぎの筋肉が動くことで、流れがスムーズになります。

歩くとふくらはぎが大きく動きますから、プラプラと歩くだけでも、もちろん体には良いです。

楽しめる範囲で、継続してみてくださいね。

この記事のシェアはこちらから