猫背から肩こりを予防するストレッチ方法

肩こりは、日本人の国民病とまでいわれていますね。

ほんとうに鬱陶しい肩こりですが、その大きな要因に、姿勢の悪さがあります。

特に、猫背は、あとから大きなツケとなって返ってきてしまいますから、都度都度解消しておきたいです。

 

 

今日もゆるっと、こんにちは^^

福岡・博多のオイルリンパマッサージサロン

肩こり・首こり・背中凝り解消♪肩甲骨デトックスセラピストの竹村です。

 

 

PC作業やスマホに集中してくると、どんどん背中が丸まってしまいますよね。

顔と頭が画面に近づいて、胸が逃げてる感じ。

こうなると、肩に必要以上の不自然な負荷がかかっているのが、分かりますか?

この姿勢は、肩と同時に首の凝りを引き起こします。

仕事に集中していると、無意識で姿勢が悪くなるので、仕方がないんですよね。

なので、猫背にならないように注意する!というのは、ちょっと意味がないかもしれません。(無意識だからですね)

肩こり予防のストレッチ

私たちは、日常的に猫背になりやすいと心得て、時々ストレッチをしてあげましょう^^

ということで、ストレッチ方法をお伝えしますね。

猫背から肩こりを予防するストレッチのポイントは、「肩」と「肩甲骨」です。

 

まず、肩は、力を抜くこと。

ストレッチをするときに、肩に力が入ってしまうと・・・

余計に肩が凝ってしまいます(>_<)

肩を一度、ぐるりと回して、息を吐きながら、すとんっと、腕を下して。

気持ちを落ち着けてからストレッチしてみてくださいね。

 

肩の力が抜けたら今度は、肩甲骨を意識します。

猫背の姿勢は、肩甲骨が開きます。

肩甲骨が開くと、その間の筋肉がつっぱります。

本来肩甲骨とその周りの筋肉は、伸びたり縮んだり柔軟に動くのですが、猫背の姿勢が続くと、肩甲骨が開きっぱなしになり、その間の筋肉が固まってしまいます。

肩甲骨と背骨の間の筋肉が固まらないように、動きを戻してあげるのが、このストレッチの目的になります。

 

動きとしては、肩甲骨を、ぐーっと開いたり、ぐーっと寄せたりを繰り返します。

 

この先、ストレッチの方法をご紹介しますが、これに近い動きを普段されないようなら、ご自分が普段されているストレッチに応用してみてください。(習慣化されていない動きはどうせ3日坊主になるので、おすすめしません。)

 

では、いきますね~。

腕を肩の高さに広げます。

ひじから上に向かって曲げます。(指先が天井を向く)

指の力を抜いてください。(軽く握った格好になると思います)

(ベストな画像がなかったので、参考程度に、この子の左腕みたいな恰好です。両腕をこのような恰好にしてください。)

 

ここで、一度息を吐きます。

吸いながら、ひじから後ろに引き、肩甲骨を寄せます。

寄せたところでキープ。息を吐き⇒吸ってを3回。ラスト吸って~次の動きです。

吐きながら、背中を丸め、肘を前にもってきて、顔の前でひじ同士をくっつけます。

首はまっすぐ。顔は自然に斜め下を向いています。ひじは頭の先にある格好になります。

ここは、思いっきり、肩甲骨を広げます。

一度吸います。

このまま、息を吐き⇒吸ってを3回。2回目、3回目と呼吸を深めていきます。

吐きながら顔を上げ、また肩甲骨を寄せていきます。はい、呼吸をあわせてキープ。

この動きを3セット。

 

筋肉の動きが蘇るのを感じられると思います。

 

呼吸によって、背中側に酸素を送り届けるイメージで行ってください。

呼吸を意識しないストレッチは、あまり意味がありません。

酸素を筋肉に届けることに意義がありますからね。

それと、ストレッチは、ゆっくりおこなってくださいね^^

この記事のシェアはこちらから